2020年8月11日火曜日

「第9回定期演奏会」終了

コロナ禍、御来場のお客様にもマスクの着用や半券への氏名・電話番号の記入などをお願いし、客席数も定員の50%程度82席に絞り、異例の開催となった「第9回定期演奏会」も無事終了しました。
御来場の皆様をはじめ、今回の定期公演に関わって御協力・御支援をいただいた各方面の皆様方、そして、何より本年も公演会場として会堂をお貸し下さいました酒田キリスト教会様に御礼申し上げます。

本公演の入場者数は、もぎり数でちょうど80名(パンフレット配付数は70部)。数を操作したわけではありませんが、整理券での入場が60名、招待券での入場が20名と、3密を避けるため予め想定した入場者数に奇しくも一致しました。(今後の参考に整理券・招待券の配付と入場者数の関係を、昨年度との比較で一覧表にまとめ、下に掲載してみました。)
会場では、「サポートシート」の協賛事業で管弦楽班を定期公演に
度々御招待くださっている山形交響楽団の活動支援のため、寄付金への協力をお願いしたところ、32,159円もの協力金(内訳:1円*24・5円*5・10円*26・50円*5・100円*36・500円*4・1,000円*26)を頂戴しました。協力金は、協賛金等の本公演の収入の一部とあわせて、近日中に山形交響楽協会様に送金の予定です。

2曲のアンコールをあわせて9曲の演目で臨んだ今回の公演でしたが、3月の「弦楽アンサンブル・コンサート」が新型コロナの休校措置のため延期公演を含めて中止となったこともあり、2・3年生にとっては1年ぶりの定期公演、そして、6月から活動に加わった1年生にとっては、弦楽器を始めて2ヶ月足らずで迎えた本番ということもあり、生徒たちは例年以上のプレッシャーを感じていたようです。
その緊張をあまり感じさせない好演(「スタンド・バイ・ミー」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「カノン」「ノーサイド」など)もあれば、緊張からか調子をくずしいつもならもっと素敵な演奏ができたのにと
少し残念な演奏(「教会ソナタ」「アダージョ・カンタービレ」など)もありました。

管弦楽班の定期公演ではいつも進行をお願いしすっかりお馴染みとなりました旧職員の佐々木みどり先生ですが、今回の公演では、メインとして演奏した「となりのトトロ」メドレーの語りをお願いしたところ、御好演いただき、大変好評のうちに演奏会を終えることができました。是非再演の機会を持ちたいものです。

1回限りの本番の演奏、緊張の中でも練習以上の好演につながることもあれば、苦い思いを残しつつ本番を振り返らなければならないこともあります。しかし、どんな経験であったとしても、特に本公演を最後に現役の活動から引退する3年生にとっては、この2年と半年にも満たない管弦楽班の活動が、彼らをさらに成長させてくれる糧となることを信じています。

2020年8月5日水曜日

「管弦楽班 第9回定期演奏会」の御案内

本校音楽部管弦楽班の第9回定期演奏会が下記のとおり、8月10日(月)に酒田キリスト教会(市内光ヶ丘)を会場に開催されます。
ヴァイオリン6名、ヴィオラ2名、チェロ1名、コントラバス1名の総勢10名による弦楽アンサンブルの演奏、今回も会堂設置のパイプオルガンを加えて、クラシックは勿論、ナレーション付きの「となりのトトロ」メドレーなど、幅広いジャンルの音楽を披露します。
今年3月21日(土)に公演を予定していました「第8回弦楽アンサンブル・コンサート」は、新型コロナウイルス感染に伴う休校措置のため、5月2日(土)の延期公演も開催できませんでしたので、今回の定期公演は、昨年8月の定期演奏会以来1年ぶりの公演になります。
コロナ感染が拡大傾向の中、演奏会の開催に当たっては感染防止のため、後掲のとおりマスクの着用や半券への連絡先の記入など、御来場の皆様に御協力をお願いしなければなりません。
趣旨御理解の上、多くの皆様から御来場いただければ幸いです。


1.期 日  令和2年8月10日(月)祝日 15:00開演(14:30開場)
2.場 所  酒田キリスト教会(☎ 0234-33-6776)
3.主 催  山形県立酒田光陵高等学校
4.入場料  無料(要整理券)
5.出演者  管弦楽班 10名
       賛助出演者 6名
6.曲 目  第Ⅰ部
        スタンド・バイ・ミー(B.E.キング,M.ストーラー & J.リーバー)
        亡き王女のためのパヴァーヌ(M.ラヴェル)
        教会ソナタ へ長調 K.244(W.A.モーツァルト)*
        カノン(J.パッヘルベル)*
        シチリアーノ(M.T.v.パラディス)*
          *オルガン独奏 黒木 香乃
       第Ⅱ部
        パート・オブ・ユア・ワールド(A.メンケン)
        弦楽アンサンブルストーリーズ「となりのトトロ」(久石 譲)
          **語り 佐々木みどり
         1.さんぽ
         2.五月の村
         3.ススワタリ~お母さん
         4.トトロがいた!
         5.風のとおり道
         6.まいご
         7.ネコバス
         8.となりのトトロ
                                   他



「第3回定期演奏会」より─「シンプル・シンフォニー」第3・第4楽章

「第3回定期演奏会」(2014.8.10 希望ホール)から「シンプル・シンフォニー」第3・第4楽章。
2年生3名、3年生9名の12名による演奏。
両曲とも第1回、あるいは第2回の定期公演の演目(第2回定演では全楽章演奏)でしたが、開校の年度に入学した3年生(しかも全て弦楽器は未経験!)の3年間(実際には2年と4ケ月)の成長に御注目ください。
この「シンプル・シンフォニー」は、同年7月28日・29日の両日に開催された「第38回全国高等学校総合文化祭 いばらき総文2014」器楽・管弦楽部門のステージでも、本校の生徒が山形県合同弦楽オーケストラの中心メンバーとして演奏してきました。(会場:ノバホール)
撮影・収録は皆川庄吉商店(鶴岡市)さん。

2020年8月2日日曜日

「第1回定期演奏会」より─「スタンド・バイ・ミー」

2012年8月5日希望ホールでの、本校音楽部管弦楽班「第1回定期演奏会」から、オープニングに演奏した「スタンド・バイ・ミー」。
3年生5名と2年生4名に、その年の4月に入学した1年生9名を加えた、創部当時18名のメンバーによる記念すべき演奏。
1年生部員にとっては、勿論初のステージでしたが、1つのパートを1年生ただ一人で担当するパートもあるという過酷な編成でありながら、しっかりとした演奏で、管弦楽班の歴史にその第一歩を刻んでもらいました。
8月10日(月)の第9回定演でも、オープニングでこの「スタンド・バイ・ミー」を演奏します。
「分断の時代」とも言われるウィズコロナの今、「stand by me(「私のそばにいて」あるいは「私のことを支えて」)」は、そうした
メッセージを伴うものとして演奏したいと考えています。
撮影・収録は、皆川庄吉商店(鶴岡市)さん。

2020年7月31日金曜日

「夏季練習合宿」とミニ・コンサート

8月開催の定期演奏会に向けて、7月の定期考査終了後の週末や夏季休暇を利用して行ってきた「夏季練習合宿」。
今年も4連休2日目7月24日(金)から26日(日)までの2泊3日、吹浦の山形県海浜自然の家で実施しました。酒田駅から自然の家最寄りの遊佐駅間は、往路も復路もJRを利用。遊佐駅~自然の家間は送迎バスでの移動。大都市部では感染拡大の兆候も見えるウィズコロナの時代、特に食事については十分なフィジカルディスタンスを確保しました。

合宿1日目は、出会いのつどい午前中は40分程度、2日目夜の年次ごとの部内アンサンブル発表会に向けて練習。
午後は、13時から30分の休憩をはさんで17時まで、ヴィオラのHさんとチェロのYさんお二方の外部コーチをお招きして、3時間半の合奏練習。
夜は19時から40分程度の練習の後、翌日の雨模様を危ぶんで、ささやかな花火大会を1日目に繰り上げて実施。ほとんど練習漬けの3日間、唯一のレクリエーションでした。

合宿2日目は、ヴァイオリンのコーチTさんをお招きし、パート練習を挟んで、午前中3時間、午後3時間半の合奏練習。
夕食後19時からは恒例の部内アンサンブル発表。
アンサンブル終了後は20時30分まで、3日目の最後に予定されている「ミニ・コンサート」に向けての練習。

合宿3日目は、午前中やはり3時間、外部コーチ3名から加わっていただき、定期公演のための合奏練習。
3名のコーチのうち、お一方は宿舎近くの遊佐町在住ですが、他
1ヶ月に2回程度定期的な指導をお願いしているコーチの皆さんですが、ほとんどボランティア
午後は14時30分から、自然の家さんの御厚意もあり、近くの障害者施設の方々を招いて、正面玄関前のロビーでささやかなミニ・コンサートを実施。
披露した曲目は、「となりのトトロ」から「まいご」と「風のとおり道」の2曲と、1年生も加わった「スタンド・バイ・ミー」と「ノーサイド」。
いずれも8月10日(月)の定期演奏会のプログラムです。
その後、自然の家さんからの強い要望で、演奏の場を正面玄関前のロータリーの松林に移し、3年生3名がVn三重奏で「人生のメリーゴーランド」を演奏。
ひぐらしの声に時折ウグイスの声が交じる趣きのある環境で、演奏が当初の想像以上に映え、屋外での演奏も捨てたものではないなと感じました。
この「森の中」での演奏の模様は、7月28日付の山形新聞に「森がステージ 音の葉揺れて」のタイトルで掲載されました。

山形県海浜自然の家での「夏季練習合宿」は、酒田光陵高校開校の2012年から9年連続で9回目の実施になります。自然の家のスタッフの皆さんには、今年も大変お世話になりました。
この合宿を経て8月の定期公演を最後に管弦楽班の活動を引退し、卒業していったOB・OGが、この3月の卒業生で41名を数えます。決して多い人数ではありませんが、これからも音楽部管弦楽班の活動が着実に展開されていくことを願っています。

2020年7月22日水曜日

器楽・管弦楽専門部合同演奏会(2019.11.4 甑葉ホール)

令和元年11月4日(月)甑葉ホール(村山市)で行われた県高文連器楽・管弦楽専門部合同演奏会から、本校の演奏です。
この催しは年1回、11月に開催されてきたもので、専門部に所属する県内の音楽部(弦楽)5校とマンドリン部3校の、弦楽、マンドリン、それぞれの合同演奏と各校の発表で構成されています。
本校管弦楽班は、生徒の表現の幅を広げようと、「彼こそが海賊~パイレーツオブカリビアン」(K.バデルト)と「里の秋」(海沼賓)の、全く性格の異なる2曲を準備し演奏しました。
8月の定期演奏会での3年生引退後、弦楽器を始めて2年にも満たない2年生3名とわずか7ケ月の1年生5名に、3年生のCb1名が加わった、総勢9名の演奏です。音程やリズムの不安定は否めませんが、「パイレーツ」は力強く、「里の秋」はしっとりとした表現で演奏できたのではないかと思います。
残念ながら、今年の合同演奏会は、11月1日(日)甑葉ホールを予定していましたが、新型コロナの影響もあり、開催中止が決定されました。
このように生徒の発表の機会が奪われてしまうことは残念ですが、しっかりとした目標を持ち日々の活動を充実させていきたいと考えています。

2020年7月21日火曜日

定期公演の記録

音楽部管弦楽班では平成24年の開校から年2回の公演を継続して参りましたが、その定期公演の記録です。
今後過去の演奏会から順次演奏の記録を、不定期にはなりますが、このHPに動画または録音の形式でアップして、管弦楽班の活動を皆さんに広く知っていただこうと考えています。
御期待ください。


人気の投稿