2021年3月30日火曜日

管弦楽班 令和2年度の活動終了

コンサート明けの今週29日(月)と本日30日(火)の活動をもって、令和2年度の管弦楽班の活動は終了です。
この2日間は、活動場所として使用して来た旧校舎(旧酒田中央高校校舎)が3月いっぱいで閉鎖されるため、音楽室や楽器庫に残っている管弦楽班の楽器や楽譜などの物品を本校舎に移動する作業に費やし、作業の合間にアンサンブル・コンサートの収録を鑑賞するなどしました。

2月~3月の活動状況をこれまで同様まとめてみました。
例年のことですが、2月には期末テスト、そして3月には入選業務に伴う家庭学習期間が入るため、3月末のコンサートに向けた練習も分断されざるを得ません。そのため、公演直前はタイトな日程になってしまいますが、今回は練習も順調に進んだように思います。

令和2年度1年間の曜日ごとの活動日数についても、一覧にしてみました。
何といっても、4月から5月にかけては、休校措置のためほとんど活動ができませんでしたし、それが新入部員の勧誘にも響いてしまったように感じます。結果、年度当初から、これまでにない10名という少人数での活動がスタートしました。
コロナ禍のため、県内5校の合同講習会や演奏会はすべて中止になりましたが、8月と3月の年2回の定期公演が例年どおり開催できたこと、高いモチベーションを維持し続けた管弦楽班のメンバーに拍手を送りたいと思います。
さて、閉鎖される旧校舎ですが、コロナ禍の中、旧校舎とのお別れ会などもかないませんので、弦楽アンサンブル・コンサートに先立つ3月24日(水)、開校以来9年間練習場としてきた旧音楽室への感謝の気持ちを、記念の演奏とその収録で表すことにしました。
曲目は、コンサートのプログラムから「里の秋」「からたちの花」「朧月夜」の3曲です。よろしければ、御覧ください。

人気の投稿